2015年

7月

26日

2015年7月26日(日)新人戦1回戦 フレンズJr戦

7月26日(日) 2015年度 新人戦 フレンズJr戦

 

☆スターティングメンバ―☆

1番(三)ヒロカズ

2番(捕)トモキ

3番(遊)コウタ

4番(一)サトシ

5番(中)オウスケ

6番(投)リョウト

7番(二)コウダイ―マヤ

8番(右)リョウ

9番(左)カナデ

 

 5年生以下の新人戦が開幕しました。

フレンズJrさん先攻でプレイ↴ボール。

初回は三ゴロ、遊ゴロ×2の三者凡退で上々の出だし。

その裏、先制点のほしいこの回、先頭のヒロカズが初回の守備で気持ちが乗り先頭で出塁、1死三塁でコウタが先制適時打、さらに相手守備の乱れの間に追加点で2点先制。

2回、相手の反撃。先頭打者が出塁し、牽制から狭殺ミスで三塁まで走者を進めてしまい、次打者の適時打で1点返される。嫌なムードの中で女房役のトモキが捕飛をしっかりキャッチするファインプレーで危機をしのげるかと思いきや、次打者も安打でつなげられてしまう。1死二・三塁の場面でここは遊ゴロ本塁封殺で2死までこぎつけるが、9番打者の痛恨の適時打でこの回併せて3失点で逆転されてしまう。

2回裏、反撃に出たいフェニックスは先頭のコウダイが死球で出塁、その後カナデ、トモキ、コウタが四球を選び押し出しで同点、二死満塁で4番サトシだったがここは気合が空回りしてしまい追加点は奪えず。

3回は両チームとも無得点。

4回表四球を1つ出すも、内野ゴロを打たせる投球で無失点。

4回裏、1番から始まる打順で一気に追加点を取りに行くよう監督の檄が飛ぶと、ヒロカズの遊失、トモキ・コウタの四球オウスケ・リョウトの適時打相手エラーでの追加点、打者一巡でトモキ四球、コウタの2点適時打、サトシも四球で次打者オウスケが四球を選んだ時に、捕失でコウタが本塁に還り、ここでゲームセット。

13対3のコールドゲームで2回戦へ駒を進めました。

 

 

 

本日の

MVP:コウタ(2安打4打点)

ゴールデングラブ:トモキ(2回表相手に勢いを渡さない捕飛キャッチ)

 

Bチーム通算成績:2勝2敗 ※五分に戻しました。

 


 

 

午後から西部リーグ(春)の閉会式に5・6年生が参加しました。







 





























フェニックスは今年の春も見事優勝に輝き、



MVPはヒロキが受賞しました。

0 コメント

2015年

7月

20日

2015年7月20日(月)合宿3日目

いよいよ合宿最終日


一糸乱れず?…湖畔まで
曇り空のなか期待薄で向かった湖畔からのフジヤマ
今日の朝エサ

※食べてから気づいたのでフレークのみ
0 コメント

2015年

7月

19日

2015年7月19日(日) 合宿2日目

朝の起床

恒例の山中湖からの富士山(見えない)
で、水遊びが…
はじまるわけです
見えました
昨日とうって変わってイイ天気
昼のエサ
食べる選手
午後もガッツリ練習
(写真は使い回し…)
 
そして
地獄の階段トレ

道中
道中②
3年生も頂上まで無事到着
お母さん達もレリゴー
今日の夕食はバーベキューでございます
監督自ら焼き方に…
バーベキューも盛り上ったところで、岩田祭開催
めでたく当選した選手はおにぎりや肉、焼きそばやフルーツ盛り合わせが追加されるので、みんな大喜び!!

祭効果と、植田コーチの事前のnegotiationにより、ほぼ完食のとこまで食べきりました。
食後の本日のミーティングは、作文コンテスト。

「美脚禁止」は今合宿一部で流行したワードだそうです。

0 コメント

2015年

7月

18日

2015年 7月18日(土)合宿1日目

出発前の1コマ
例年のお約束
ヒロカズ野生に帰る
道志の道の駅を過ぎたあたりからポツポツ…
雨で寒いです

※例年使わせてもらうグラウンドが使えなく、今回は別のグラウンドになりましたが、途中で2年前の悪夢(静岡周りで帰るというアクシデント)を思い出させる道のりがトラウマになりかけましたが
泥アンド泥
泥アンド泥2
エサの時間
寒さ具合をM下コーチの鳥肌でお伝えします。
雨宿りで、倉庫に避難なう
夕のエサ
夕食後は植田コーチより野球の歴史についてのお話を聞きました。
続いて松下コーチが撮影してくれた練習の動画を見ながら
0 コメント

2015年

7月

12日

2015年7月12日(日)練習試合 相原ジャガーズ戦

練習試合 相原ジャガーズ戦

 

☆スターティングメンバ―☆

1番(遊)コウタ

2番(一)ヒナタ

3番(投)ヒロキ

4番(三)ユウガ

5番(捕)ショウタ

6番(右)サトシ

7番(左)リク

8番(二)マオリ

9番(中)ヒロカズ

 

相原ジャガーズさん先攻でプレイ↴ボール

初回いきなり先頭に二塁打、次打者も中堅に抜けそうな当たりをコウタが好捕そのまま二塁を踏み二重殺完成。後続も打ち取り無失点で裏の攻撃へ

1回裏先頭コウタ二塁打ヒナタ・ヒロキが四球で続き4番ユウガが適時打、ショウタ四球、サトシ一塁線を抜ける渋い二塁打(らしくない)その後連続四球(リク・マオリ・ヒロカズ)コウタ二塁打、ヒナタ内野安打、ヒロキ・ユウガ(二塁打)ショウタ内野安打と続き12点一気に奪う。

2回表、安打出塁の走者を三塁まですすめるも得点は許さず。

2回裏、いいリズムで来ている流れをより確実にするためにも無得点では終わりたくないこの回、監督から得点指令がでたが、気合が空回りし早くも二死、ここで打順先頭に戻りコウタ、ここまでの打席で二本の安打を打ち本日打ち止めか、とおもったところで、上がった打球は右翼越えの本塁打になる、しかしこの回はこの一点で攻撃を終えてしまう。

今日はヒロキの投球が冴え、相手チームの早打つにも助けられ

3回4球三者凡退(内ゴロ×3)4回8球三者凡退(内ゴロ×2、内飛)、5回9球三者凡退(三振×2、内ゴロ)のパーフェクトピッチング!!

攻撃は4回裏にもう一度しっかりと得点をとりにいく姿勢で、先頭サトシ二塁打、続くリクにも一本出る、ヒロカズ四球、コウタ二塁打、ヒロキ内野安打(2塁走者コウタは守備妨害でアウト)ユウガ安打で3点追加。

結果は16対0で勝利できました。

 

Aチーム通算成績:8勝6敗

 

試合は勝つことができましたが、途中にも書いたように攻め続ける気持ち、そのことを考えたプレーが強い相手であっても関係なくいつでも発揮できるように練習を重ねていかないと、勝てる試合を落とすような(忘れてないよね?)ことがあることを、6年生を中心に再度意識してください。

 

MVP:コウタ 4安打1本塁打(非ランニング)5打点 ヒロキ 何気に無四球完封ですよ。しかも省エネ投法(5回47球)次もこの調子で!!

ゴールデングラブ:ヒロキ もちろんこっちも該当です。  ショウタ 失点につながるような失策なしでキャッチャーフライもボールの上がった方向に向かって行けていました。(あとはバッティングだ!!)  コウタ 初回の何でそこにいるのかわからないショートライナーからの二重殺と、二回二ゴロカバーからのアウト

 

 


その頃、Cチームメンバーは


先輩たちの試合を見て「野球」の勉強をしていました(コウダイ超真剣に見ています。えらい)が・・・


当然ながら徐々に集中力が切れてしまい、結局伊藤コーチが練習をしてくれました。



 

 


0 コメント