2016年9月4日(日) 2016八王子市新人戦大会準決勝 アンギラス戦 @滝ケ原運動場B面

試合前のグラウンド整備。水たまりの水抜きから砂入れで何とか試合ができるコンディションに

 

 

9月4日(日) 2016新人戦準決勝 アンギラス戦

 

・またも悪天候の中での試合となったが、気持ちを切らさず挑むことができるのか?!

 

☆スターティングメンバ―☆

1番(投)リョウト

2番(二)マヤ

3番(捕)トモキ

4番(遊)オウスケ

5番(三)カズキ

6番(一)コウダイ

7番(左)テツヤ

8番(中)リョウ

9番(右)アズミ

控え コウスケ ショウキ リクト ユウスケ タマキ 

 

アンギラスさんさん先攻でプレイ↴ボール

 

1回表

・先発はリョウト

①捕飛  ②四球  ③投飛  ④三内安打  ⑤中越え2点適時二塁打  ⑥空振り三振

・相変わらずの立ち上がりで二死からの失点でスタート

ア2-0鑓

 

1回裏

・リョウト左安打  マヤ右安打  トモキイイ当たりも遊直  オウスケ遊失の間に重盗で二三塁にそれぞれ進塁していたリョウトとマヤが生還※マヤ好判断  カズキ遊ゴロ  コウダイ投ゴロ

・相手失策に乗じて2点取り返し試合は振り出しに

ア2-2鑓

 

2回表

⑦空振り三振  ⑧四球  ⑨空振り三振  ①中適時二塁打  ②左適時安打  ③左適時三塁打  ④二ゴロ

・同点に追いついた後でしっかり守りたかったが踏ん張りきれず3失点

ア5-2鑓

 

2回裏

・「取られたら取り返す!」監督から檄が飛ぶ

・テツヤ四球  リョウ遊ゴロ  アズミの投ゴロは三塁走者テツヤが挟まれタッチアウト  リョウト遊内安打  マヤの打席で暴投の間にアズミが還る。マヤは投ゴロ

・何とか1点取り返す

ア5-3鑓

 

3回表

⑤一飛  ⑥空振り三振  ⑦二ゴロ

・やっと調子が出てきたのか初めての無失点三者凡退

ア5-3鑓

 

3回裏

・トモキ左飛  オウスケ三ゴロ  カズキ四球  コウダイ適時右安打で二塁に進んでいたカズキが生還  テツヤ初球振りぬき右中間抜ける適時三塁打でコウダイ余裕の生還  リョウ四球  アズミ三ゴロも激走+気迫のヘッドスライディングもここは間に合わず

・二死からも塁に出る意識を持って各選手が打席に入り遂に同点に追いつく!!

ア5-5鑓

 

4回表

⑧見逃し三振  ⑨空振り三振  ①捕飛

・2イニング連続で三者凡退に抑える

 

4回裏

・リョウト投強襲安打  マヤ一飛  トモキ左安打  オウスケ中越え2点適時二塁打  カズキ左安打  コウダイの打席で冒頭の間にオウスケ生還。コウダイは三内安打  テツヤの打席でボークの判定でカズキ生還。テツヤは2本目の左安打  リョウ適時二内安打でコウダイ生還  アズミ一ゴロの間にテツヤ生還  リョウト二飛

・オウスケ、リョウの適時打と、アズミの進塁打、相手ミスも絡み一挙6点を挙げ一気に勝ち越す。

ア5-11鑓

 

5回表

②三ゴロ一失  ③左中間に適時三塁打  ④投ゴロ  ⑤左越え適時打  ⑥三ゴロの間に1点※カズキが三塁走者を気にしすぎてどこにも投げられないような時代は過去のもので今日は迷いなく一塁に投げることができた。  ⑦左安打  ⑧遊内安打  ⑨初球暴投で1点。この時点で2点差、一打同点の場面まで来てしまうが、最後は空振り三振で抑え試合終了

ア9-11鑓

 

・4回裏は6連続安打という神がかり的な集中力を発揮してくれました。※その分なのか5回表はそれまでなかった守備の乱れが出てしまった。いよいよ残すは決勝です、この試合でも細かなミスがあったので、残りの1週間は野球のことばかり考えて過ごしてください。勉強と野球と両立して準備を怠らないようにしてください。

 

投手成績

投手

打者

球数

三振

四死球

被安打

自責点

リョウト

27

105

 

※四球は2個だったがフツーに打たれていた。監督、コーチから言われたことを忘れずに練習、練習、練習